他人事じゃない癌について考えよう。

癌になったらどうしよう?抗がん剤の基礎知識

癌の治療では、抗がん剤を使うことがあります。
抗がん剤と一口に言っても、「ホルモン療法」、「化学療法」、「分子標的療法」など、いろいろな種類があります。
まずホルモン療法は、乳がんや前立腺がんなどで行われる治療法で、女性ホルモンや男性ホルモンに似た薬が使われます。
髪の毛が抜けるなどの副作用が少ないことが特徴です。
次に化学療法は、最も歴史が長く、いろいろな癌で行われている治療法で、なかには副作用の強い薬もあります。
しかしながら最近は専門医も増え、副作用を抑える方法もいろいろと工夫されてきています。
最後の分子標的療法は、2000年頃から実用化された比較的新しい治療法で、癌細胞が持っている特定の分子を標的にした抗体などの薬を用います。
標的の分子を持っていれば、化学療法などの効きづらいタチの悪いタイプに対してもよく効くことが特徴です。
このように、抗がん剤はさまざまな種類があり、日々進化を続けています。
もし治療を受けることになったら主治医とよく相談して、不安なことがあれば納得いくまで話し合い、自分に合った治療を探していきましょう。

抗がん剤による癌治療の特徴

癌になってしまった場合は治療を数ることになりますが、癌治療として言っても様々であり、それぞれの状態に合わせて使い分けていくことになります。
そこで、癌の治療として有名な治療法として、抗がん剤治療というものがあります。
この抗がん剤治療を行うケースとしては、がんが全身に広範囲に広がっている状態の時に行うことが多いです。
ですから、手術ではがん細胞を摘出することが困難な場合にはよく用いられる治療法であるといえるでしょう。
また、放射線治療と併用で用いられることも多いです。
放射線治療は、がん細胞をある程度除去することができる治療法ですが、全てのがん細胞を完全に除去することができない場合もあります。
そこで、抗がん剤を補助として用いることによって、より強力にがん細胞の除去を目指していくことができるようになります。
しかし、このような薬はがん細胞を弱らせる効果がありますが、自分の免疫も弱くなってしまうので、副作用のリスクもある程度覚悟しなくてはなりません。

Favorite

上野にあるエステサロン
http://juwell.net/

Last update:2015/7/16


△TOP△