他人事じゃない癌について考えよう。

癌で入院している人へのお見舞いマナー

身近な人が癌で入院してしまった場合、お見舞いに行くにあたって守りたいマナーを紹介します。
まずはご家族に告知の有無を確認し、告知している場合はどこまで告知しているのかを聞きましょう。
告知しているけど進行度までは教えていないという場合が多いので、本人に不必要な不安を与えないためにもご家族と話を合わせることが大切です。
忘れてしまいがちな事ですが、本人にお見舞いに行くということを告げて了解を取る心遣いも時には必要となります。
よかれと思って突然お見舞いに行き、体調が悪いのに無理をさせてしまっては元も子もありません。
治療や術後の体力低下により感染症に罹りやすくなっているので、感染症の原因を極力持ち込まないよう花やナマモノは避けた方が無難です。
入院中は普段の生活とは違う不便さや心細さ、病気による不安が募るものです。
「退院したら一緒に食事に行こう」など、楽しく希望が持てるような話題を選び、今までと変わらない態度で接するようにしましょう。

癌患者さんのお見舞いで気を付けたいこと

癌の患者さんは、疾患部位や進行度合いによってその状態は様々です。
お見舞いに行く時には、その状況を本人やご家族などによく確めると良いでしょう。
例えば抗がん剤の治療中だったりすると、食欲が落ちていたり、髪の毛が抜けてしまって人の目が気になってしまったり…。
疾患部位からは想像がつきにくいところに副作用が出ていたりするので、食べ物を持って行きたい時には何が食べたいか、もしくは何だったら食べられるのか、また、そもそもお見舞いに行って大丈夫かどうか、他の病気以上に気を遣う必要があるでしょう。
逆に、意外に外側には現れていなくて元気に見えることもあるでしょうが、だからと言って手放しで喜べないのが癌と言う病気の厄介なところ…。
元気には見えても不安を抱えているであろう患者さんに軽く、頑張ってね、とも言いづらいものです。
そんな時には、頑張ってるね、と声をかけてあげると良いでしょう。
厄介な病気ではあっても今の時代、十分に治る可能性もある病気なので、まずはそれを信じて笑顔で元気付けてあげたいですね。

recommend

インプラントを世田谷でする
http://www.kiwakai.or.jp/yamanishi/

最終更新日:2015/7/16


△TOP△